まとまり日記

私はこういうときでも自分がいじけなかったこと、力むことなくそういう風に育ったのが母への感謝なのである。これは大きかった。恥ずかしさの容量が大きいのは強いのだ。見栄を張らないで生きること、これは何よりも大きな糧である。(森信雄)

科学、科学の哲学、自然の哲学

生物学の哲学者Peter Godfrey-Smithが

Darwinian Populations and Natural Selection

Darwinian Populations and Natural Selection

の冒頭で、科学と科学哲学と自然の哲学の区別について語っている(p. 2)。

科学と科学哲学

彼によると、科学と科学の哲学は探求の対象が異なる。科学の対象は自然であり、自然がどうなっているのか(how the world works)を明らかにするものである。それに対して科学哲学の対象は科学であり、科学がどうなっているのか(how the science works)、科学が何を達成するのかを理解することが目的である。

こうした科学哲学が科学にとって役に立つのかは、科学が自分に自覚的であること(self-conscious)が役に立つ程度による。たとえばトーマス・クーンの見方では、科学が最もうまくいくのは、いわゆる通常科学に従事する科学者が自分が何をしているか、また長期的に見てどのように科学が進んでいくかについて誤った考えをもっているときである。この場合、科学哲学は科学の成功には関連がない。Godfrey-Smithはクーンの科学に対する見方そのものには必ずしも賛同するわけではない。しかし科学が自分が何をやっているかに自覚的であることが科学の生産性にいつもプラスになるわけではないことには同意している。

自然の哲学

これに対して、自然の哲学(philosophy of nature)の対象は再び自然である。しかしそれは自然そのもの(これは科学の対象である)ではなく、科学が見たところの自然である。つまり自然の哲学は、科学者が描く自然の見方を元に、それを哲学的に練り上げ、それの本当のメッセージを取り出す、という試みである。Godfrey-Smithの言葉を借りると、「我々はあるトピックについてナマの科学を題材にして、そうした研究が正確なところ何を言っているのか、哲学的に練り上げ取り出すのである」。

しかしこれには二つの疑問がつきまとう。科学に好意的な人は、我々は何で科学の成果をそのまま受け入れないのか、と問うだろう。他方科学に好意的でない人は、なんで科学者のいうことを信じなくてはならないのか、ほかにわれわれが知識を得られるリソースがあるのではないか、と問うだろう。

こうした異論に対してGodfrey-Smithは、ここでいう「自然の哲学」のプロジェクトをサポートするひとつのアイデアを提出している。科学者がどのように自然を探求していくかは、対象となる自然だけではなく科学自体によっても制限を受けている。たとえばリサーチクエスチョンは我々の手に扱えるものでなくてはならないし、用いられる概念的範疇の区分は、現象そのものだけでなく科学者の道具立てによる場合がある。また、日々の研究を進めていくためには様々な単純化を甘受しなくてはならない。

こうした、科学による世界の記述の中で科学の実践のありかたによる制限を受けている部分は、ナマの科学の文脈からより広い議論のために取り出すと、ミスリーディングになる可能性がある。こうした「広い議論」は哲学的であるとき(たとえば心の哲学倫理学)もあればそうでないときもあるが、「科学的情報は一般的にいって、こうした種類の議論に供される前に、処理を受けることが必要である」。こうした処理は多くの場合、様々な分野の議論を総合してそれが一貫した像を描くかどうか確かめる作業になる。

こうした営みを「自然の哲学」と呼ぶからといって、別にこうした仕事をできるのが哲学者だけだといいたいわけではない。多くの科学者もこうした営みに関わっている。しかしこの営みは科学そのものとは異なる、というのがGodfrey-Smithの考えである。