まとまり日記

私はこういうときでも自分がいじけなかったこと、力むことなくそういう風に育ったのが母への感謝なのである。これは大きかった。恥ずかしさの容量が大きいのは強いのだ。見栄を張らないで生きること、これは何よりも大きな糧である。(森信雄)

不平不満研究事件について

不平不満研究事件(「フェミニズムソーカル事件」と呼ばれることもある)について、ラゲルスペッツ(Lagerspetz)という社会学者の論文を読んだので、それを簡単に紹介したい*1

事件の概要

不平不満研究事件(The Grievance Studies Affair)とは、2018年にピーター・ボゴシアン、ジェームス・リンジー、ヘレン・プラックローズの三人の研究者(以下BLP)が、彼らが「不平不満研究」(Grievance Studies)と呼ぶものを対象にしていくつかの学術雑誌に偽論文を投稿し、その一部が採択されたというものだ。

三人の説明では、「不平不満研究」とは具体的にはジェンダー研究・批判的人種理論・ポストコロニアル理論や、他の「〇〇理論」と呼ばれるものに基づく分野(人文系だけでなく、社会学や人類学を含めた社会科学にも存在する)のことを指す。これを彼らがなぜ「不平不満研究」と呼ぶかというと、こうした研究が自らを「〇〇スタディーズ(〇〇研究)」と呼ぶことが多く、加えてこうした研究が特定のアイデンティティを持つグループの不平不満に焦点を当ててそれをたきつけるからである。*2

このプロジェクトではBLPは不平不満研究を構成する様々な分野の学術雑誌を標的にして、わざと論理的・倫理的に深刻な問題を含めた、しかしその分野の先行研究を参照して分野の専門用語をちりばめた偽論文を作成して投稿した。

このプロジェクトで彼らが示そうとしたのは、不平不満研究では探究の方法や議論に深刻な論理的・倫理的問題があっても、引用や専門用語でその分野の論文の外見を繕ってかつ分野のイデオロギーに合致していれば採択されるということだ。そしてこれはこの分野が特定のイデオロギーに駆動されていて腐敗している(corrupted)ことを示すという。

BLPは不平不満研究の腐敗を証明したか?~ラゲルスペッツの議論

ラゲルスペッツの論文はBLPのこの主張を検討する。具体的には、三人が投稿した論文のうち採否がはっきりしている16論文・21件のケースを分析し、そこからBLPが主張していることが言えるかどうか検討した*3。そして検討の結果、彼はBLPの主張は額面通り受け取れないと述べる。

例えば彼は偽論文を採択した雑誌とリジェクトした雑誌のインパクトファクター(IF)を比較して、両者のIFの差が統計的に有意なことを見いだした(論文の表2)。*4

また論文の採択率は論文の分野や論文の種類によってことなる。BLPが投稿した偽論文は経験的データを集めてそこから考察した論文と、純理論的な論文に大別される。経験的な論文の例は``dog park''論文である*5。この論文では、著者は米オレゴン州ポートランドのドッグパークで一年間の間そこに集まるイヌ同士の性交/レイプ(humping/rape)を観察し、それが生じたイヌの性別ペア(雄/雌、雌/雌など)やそれに対する飼い主の性別と反応を記録し*6、飼い主がもつ男性中心主義やレイプカルチャー(レイプなどの性的暴力に寛容な態度を見せる社会傾向)がどのように飼い犬に対する態度に表れているかを明らかにしようとした。理論的な論文の一つは``HoH2''論文で、これは被抑圧者が抑圧者に対して行う冗談と抑圧者が被抑圧者をターゲットに行う冗談を比較して、前者がどのようにして抑圧者に対抗する役に立つか、そして後者がどのような意味で非難されるべきなのか問題なのかを論じた。

このように偽論文を区分した上で、ラゲルスペッツは経験的な論文の方が純理論的な論文よりも採択率が高いことを指摘する。例えば経験的論文では5回投稿中3回採択されたのに対して、理論的な論文では15回投稿中採択されたのは3回にすぎない。したがって新しい経験的データが得られたと主張することが偽論文の採否に大きく影響したことがうかがわれる。

さらに論文の分野も採択率に影響を及ぼす。偽論文のトピックおよび投稿する学術雑誌の分野には歴史や成熟度において大きな差がある。例えば肥満研究と社会学を比べると、前者の方が歴史も浅く方法論も成熟していない(結果としてIFも前者の雑誌の方が低くなる)。それを反映してか、偽論文の採択率は前者の方が後者よりも高くなっている。

これは次の論点にも関係する。このプロジェクトでBLPは査読プロセスにおいて査読者のコメントに対応して論文を改訂している。例えば上の``dog park''論文では第一ラウンドの査読で「修正の上再投稿」(revise and resubmit)という判定が下ったものの、その際の査読者のコメントに対応することで、第二ラウンドで採択という判定を獲得している。このとき、査読者には少なくとも二つの役割がある。一つは学術雑誌に掲載される論文に一定のクオリティを保証するゲートキーパーの役割であり、もう一つは投稿された論文が多少荒削りであってもそのよい点を見つけ出し励ましていくことである。

この二つの役割のうち査読者がどちらを優先するかは状況によって異なるだろうが、今回の審査では査読者が第二の役割をより強く果たすと想像できる理由があった。一つは上で述べたように偽論文が投稿された雑誌は歴史の浅い・成熟していない分野が大きかったことである。こうした分野では、厳しい審査基準を敷いて多数の論文をはじいていくことよりも、多少あらがあっても新規性のある論文を伸ばしていくことに焦点が当たりがちになるのは想像に難くない。

もう一つの点は、BLPの偽論文の多くはそれぞれの分野で新しいトピックに取り組んでいたことである。例えば``dog park''論文の「レイプカルチャーをイヌの性交/レイプへの飼い主への反応の中に見いだす」という試みは、人と動物の関係をフェミニズム的な問題設定から分析するということで、当該の分野から見ると新規性が十分あるように見なされたと解釈できる。

すると偽論文の査読プロセスでは、査読者は論文の長所短所を認めつつクオリティを上げていくのを手伝おうとしたし(これは例えば査読報告の分量が大きいことに現れている)、BLPもそれに応えて論文を改訂した。するとこのプロセスを通じて真剣に書かれた論文と偽論文のちがいはしだいにはっきりしなくなったとラゲルスペッツは述べる。さらにこうした新規性のあるトピックについて書かれた論文は――たとえその完成度に改善できるところがあっても――新たな議論を引き起こすという意味で学術的に価値のあるものとも言える。

すると「偽論文を採択したのだから、こうした学術雑誌はクオリティコントロールができていないのだ」という判断は査読の一方の機能しか見ていないことになる、とラゲルスペッツは示唆する。

ゲートキーパーの役割

しかし「そうはいっても査読者はゲートキーパーの役割も果たすべきだったのではないか」と考える人もいるかもしれない。これに対してラゲルスペッツは査読者がそうした役割を果たした例もあることを指摘する。

一つは経験的な論文の例である。例えば上の``dog park''論文で述べられた「観察」の記述には怪しいところがある。BLPが挙げているのは、この論文では著者はドッグパークに集まったイヌの性器を一万匹近く精査(examine)したと述べるが、それについて査読者からは何も指摘されなかったとする点である*7。BLPはこれをもって不平不満研究では方法論についてのまともな吟味がなされていないと示唆しているように見える。

しかしラゲルスペッツは、実際には査読者は偽論文の観察の問題点を指摘していると述べる。例えば(ラゲルスペッツの論文には書いていないが)``dog park''論文の査読報告を見ると、第三査読者は次の点に問題があると述べている*8

  • 性交/レイプに際してイヌがいやがっていることがどうしてわかるのか。
  • 「いやがっている」と判定するための理由はなにか。
  • またそうした判定を誤りなく行うための専門知識や訓練の経験(例えば動物行動のトレーニング)を著者が持っていることを示していない。

その上でラゲルスペッツは偽論文の著者がこうしたコメントにきちんと対応しており、自分がこの論文の最終版を見せられたとしても、(こうしたデータがでっち上げであることを知らなければ)この論文の方法論を受け入れるだろうと述べる。

また理論的な考察についても査読者が疑念を呈した例がある。具体的には偽論文の中でしばしば呈示される過激な構築主義(radical constructivism)については、査読の中で批判される例が多かったという。例えば``Feminist Bodybuilding''という偽論文が専門誌から却下された際のコメントは以下のようである。

女性のボディビルダー(より広くは女性アスリート)と彼女らが筋肉を増強する能力が、女性らしさについての社会的基準によって制限を受けている、というのは妥当な議論である。しかしこれは、女性に枠をはめてきたのは社会化だけであって生物としてのあり方は何の役割も果たしていないと言うことではないし、これを支持する議論を作るのはもっとずっと難しい。著者の主張は後者のように見えるが、適切に立証されているわけではない。*9

結論として、こうした点からラゲルスペッツは、このプロジェクトにおいてBLPが示したかったことは示されなかったと主張する*10

*1:いうまでもないことだが、このエントリはラゲルスペッツの論文をわたしの興味に従って紹介するものであり、論文にはこのエントリに書かれていない論点も多数ある。興味のある人は論文を直接読んでほしい。また、最後の注で述べるように、わたし自身の立場とラゲルスペッツの立場は異なることにも注意してほしい。

*2:ここやBLPのプロジェクトサマリー(これは彼らが公開している草稿と査読記録の入ったグーグルドライブのフォルダで手に入る)を参照。なお日本のネットではこの事件を「フェミニズムソーカル事件」と呼ぶことが多いが、上で見たようにBLPの対象はジェンダー研究だけではない。

*3:BLP自身が述べているように、このプロジェクトはウォールストリートジャーナル紙の記事になったことで当初の予定よりも早く終了した。したがって、終了時時点で最終的な採否が確定していない草稿が四本存在する。

*4:ただしこれをもって雑誌のランクによるクオリティの選別が働いていると考えるのは危険だし、ラゲルスペッツもそうは述べていない。というのは(ラゲルスペッツは述べていないが)偽論文の投稿先には様々な分野の学術雑誌が含まれるが、分野によってインパクトファクター(IF)の「基準値」は異なるからである。論文の多い活発な分野ではIFは高くなる傾向があるし、そうでない分野ではIFは低くなる。そうすると「活発な分野のn流誌のIF(n>1)>そうでない分野の一流誌のIF」ということが起こりうる。例えばBLPの偽論文を採択したHypatiaという雑誌はフェミニズム哲学の分野では最もプレステージの高い雑誌の一つであるにもかかわらずIFは1以下で、多くの経験科学分野の非一流誌よりも低い。するとこの雑誌に採択されたことで、その分野ではランクの高い雑誌に採択されたのに「採択された雑誌」というカテゴリーではそのIFの平均値が下がるということが生じうる。したがって、採択された雑誌の分野の組成と不採択の雑誌の分野の組成をそろえない限り、こうした比較はできないことになる。

*5:論文の名前はBLPがつけた略称・愛称。

*6:念のため述べておくと、もちろんこうした観察は捏造である。

*7:ここのPart II下から二段落目。

*8:この意味で上のBLPの言はミスリーディングだとわたしは考える。

*9:ラゲルスペッツの論文(ファイル16頁、雑誌だと417頁)から再引用。

*10:なお、このエントリを準備するにあたりわたしはBLPの論説や偽論文・査読報告をいくつか読んだが、わたし自身の立場は、「BLPの主張を額面通り受け取ることはできないが、ラゲルスペッツよりは不平不満研究に批判的になる」というものである。例えばラゲルスペッツの分析では``dog park''論文が採択されたことには学問上の問題はほとんどないということになるが、わたしはこれには同意しない。ただこれを展開するにはもっと準備が必要なので、またの機会にしたい。

『現代思想』誌「進化論の現在」は看板倒れ

現代思想』誌2021年10月号は「現代思想 2021年10月号 特集=進化論の現在 ―ポスト・ヒューマン時代の人類と地球の未来―」と題された特集だった。わたしはこの特集全体の企画意図に問題があると考えるので、手短に述べたい。

わたしの不満は一言で言うと「この号の中身は『進化論の現在』という題名と釣り合っていない、とくにこの題名で生物学の哲学の成果をほぼ無視するのは問題ではないか」ということだ。

まず前半からいこう。哲学・思想系の雑誌が「進化論の現在」という特集を組むときにどういうことを扱うべきか。もちろん決まったルールがあるわけではないが、次のようなトピックが扱われると考えるのが自然だろう:

  • 進化論(進化生物学)の研究の現状
  • 進化論の種々の側面についての哲学的論争の現状(たとえばやや古い話だがここで触れられているような議論)
  • 進化論からの哲学研究へのインプリケーション(たとえば意識の進化的起源をめぐる研究は最近有卦に入っている分野であり、邦訳も次々と出版されている(これこれこれ)。こうした研究は心の哲学へのインプリケーションがあると期待されている)

実際、同誌の過去の進化論特集(これこれこれ)では、そうしたトピックについての寄稿が多くを占めていた。ところがこの特集ではそうしたトピックについての寄稿がほとんどない。代わりにあるのはスペンサーやベルクソン、グレーバーといった人たちや米国のニューソート運動についての思想史的考察や、肥満についての社会学的な考察である。これはある意味当然で、というのは執筆者の方の専門を調べると、思想史・文化人類学の研究をされている方がかなりの割合を占めているからである。

もちろんわたしはこうした論考の学術的価値を疑っているわけではない*1。しかしこれが「進化論の現在」を表しているかというと、それは疑わしい。こうした研究は進化論(の哲学的考察)そのものではなく、そのいわば周辺領域に属する議論であって(繰り返すが、だからといって各研究の学術的価値が減ぜられるわけでは全くない)、これで「進化論の現在」を名乗るのは麓の神社だけ参詣して本体に参拝しないようなものである。

もう一つ気になる点は、この特集における生物学の哲学の不在である。上で述べた〈思想系の雑誌が「進化論の現在」で扱うべきトピック〉の多くは生物学の哲学と呼ばれる分野が議論してきたものである。例えば日本における生物学の哲学者(だけでなく哲学的な側面に興味を持つ生物学者)が集まる生物学基礎論研究会のウェブサイトを見ると、こうしたトピックが恒常的に議論されていることがわかるだろう。にもかかわらず、今回の特集の寄稿者には生物学の哲学に関わる研究者がほとんどいない。例えば生物学の哲学の輸入期に出版された二つの教科書(『進化論の射程―生物学の哲学入門 (現代哲学への招待Great Works)』『セックス・アンド・デス―生物学の哲学への招待』)の翻訳者とこの特集の執筆者の間にはほとんど重なりがない*2

これが5年前ならこれも理解できる面がある。というのは生物学の哲学およびその研究者はほとんど知られていなかったからだ。しかし今となっては事情が異なる。例えば日本人の著作に限っても、『進化論はなぜ哲学の問題になるのか―生物学の哲学の現在“いま”』『生物学の哲学入門』『進化という謎 (現代哲学への招待Japanese Philosophers)』『創発の生命学 ―生命が1ギガバイトから抜け出すための30章―*3エントロピーから読み解く生物学―めぐりめぐむわきあがる生命』『The Role of Mathematics in Evolutionary Theory (Elements in the Philosophy of Biology) (English Edition)』『理性の起源 (河出ブックス)』『種を語ること、定義すること: 種問題の科学哲学』といった本が出版されている。

さらにこうした研究者は国際的な出版物も多い。例えばこれこれこれこれこれこれこれこれこれこれこれである。そうすると「進化論の現在」と銘打って思想誌が特集を組むのにどうやってこうした人たちを半ば無視することができるのか、わたしにはわからない。

こうして書くと、この問題は結局この特集の題名と内容のミスマッチに過ぎないと思う人もいるかもしれない。確かにその面もある。しかしわたしから見ると、内容にもう少し即した、それでいて売り上げに同程度の正の影響を与えるような題名を付けることができたはずである*4。それができなかったということは、編集部が「進化論の現在」が何を意味するかをこの分野の哲学的・思想的地図に位置づけないままに、この号を編集したように思えるのである。

*1:実際、米田氏や伊東氏、橋本氏などの議論には蒙を啓かされた。

*2:ただし美馬達哉氏の論考では"Biology and Philosophy"誌に掲載された論文について議論がある――これはわたしには哲学・思想誌で「進化論の現在」と銘打った特集を行う限り生物学の哲学から逃れるのは難しい(にもかかわらず編集部はその事実を無視した)ことを示しているように思える。

*3:なおこの本は『現代思想』誌と同じ出版社から出されている。

*4:例えば「進化論の文化学」とか「進化論と人類の未来」といったものが考えられる。

なぜ同性婚だけがうまくいったのか

米国の政治で議論される問題の中には「文化戦争」(culture war)にかかわるものがある。これは、人工妊娠中絶や銃規制の是非といった、経済や外交とは直接関係ないが、有権者アイデンティティや価値判断にかかわる問題である。現在の米国政治では左右両派の分断が話題になることが多いが、世論調査を見るとこうした問題に対する態度は民主党共和党支持者ではっきり分かれていることが多く、また支持の色分けが固定あるいは悪化してきていることが多い。

しかしそうした分断を乗り越えてきた問題が一つある。それが同性婚である。ニュースでも話題になったように、米国では2015年の連邦最高裁判決によって同性婚が合法になったが、一般国民の間でも同性婚は受け入れられつつある。例えば世論調査によると、以前は同性婚の法制化への批判が強かった共和党支持者の間でも同性婚を許容する人たちが増えてきており、最近の調査では同性婚支持者が半数を超えた。これは、2008年には当時民主党の大統領候補だったオバマさえも同性婚の法制化に否定的だったことを考えると、長足の進歩と言える。

これは、価値観にかかわる他の問題において世論の変化がほとんど見られないことを考えると際だった変化である。では同性婚に関してだけどうしてこのような変化が生じたのだろうか。これを論じるのがジャーナリストであり、同性婚問題とアメリカ政治についての本を出版したサーシャ・アイゼンバーグにインタビューしたFiveThirtyEightのポッドキャストである(この本には翻訳はないが、同じ著者の別の本として『スシエコノミー』というのがある)。

こうした変化が生じた理由として、アイゼンバーグはいくつかの要因を挙げる。例えばジェネレーションギャップという要因がある。同性婚への賛成反対は、有権者の年齢とはっきりとした相関がある。年齢が上がるほど同性婚への反対が増し、若くなるほど賛成が増す。すると年代が下るほど、同性婚への賛成が増えていくことになる。

つぎに婚姻制度に特有の要因もある。例えば同性婚を認めても、有権者の多くを占める異性婚者にとって何も個人的な損害は生じない。すると同性婚への反対運動はそれほどのモチベーションを持たなくなる。これは例えば銃規制が銃の所有者にマイナスの効果を生みやすい点とは非常に異なる。また婚姻という制度は伝統的な制度であり、若い人の間で人気を失いつつあった(つまり未婚率が上昇しつつあった)。同性婚はそうした「時流から外れつつある」制度に人々を呼び戻そうというものなので、保守派にも受け入れやすい面があった。

さらに保守派が訴えて来た同性婚の弊害が実際には生じていないことが明らかになってきたことも大きい。例えば共和党の中には「同性婚の法制化によって2001年の同時多発テロと同じくらいのショックが社会に生じる」と主張した政治家もいた。しかし上の最高裁判決に先立つ2005年にマサチューセッツ州同性婚が容認されたが、保守派が危惧したようなネガティブな事態は生じなかった。すると保守派の主張はこの点では切り崩されたことになる。

しかしわたしにとって興味深かったのは次の二つの要因である。一つは、同性愛者の問題は、それに触れて理解を持つようになる者が構造的に増えやすい傾向をもっていることである。これはどういうことか。当たり前のことだが、同性愛者の両親の大多数は異性愛者である。すると(子供が家族にカミングアウトしているなら)そうした両親は同性愛者が直面する社会的問題に深い理解を持つようになる。そしてこうした人たちは、他の問題に対する政治的スタンスとはかけ離れた態度を同性婚の問題に見せる。例えばディック・チェイニー(米元副大統領)はかなりの保守派だが、娘の一人が同性愛者であり、共和党の主流派の意見とは異なり同性婚に賛成であった。また放送では子供に同性愛者のいる共和党の資金援助者が同性婚に賛成する運動を共和党の中で行っている例が言及された。こうした血縁関係や個人的な友人関係(同性愛者の友人がいる異性愛者など)を通じた党派性を超えた支援の広がりは人種問題などの他の問題ではなかなか見られない。

もう一つの要因は運動家の運動手法に関わる。アイゼンバーグによれば、同性愛者の運動に関わるアクティビストは同性愛者に関わる社会問題を一括して議論する包括的利益団体をつくるのではなく、一つ一つの社会的問題を解決する方向を選んだ。例えば政府統計に同性愛者に対するヘイトクライムという項目をつくるよう要求するといったことである。そうすることでこうしたアクティビストは政治的な圧力団体というよりも問題解決を目指す人々とみられるようになり、同性愛者の問題が政治的な対立に巻き込まれるのを軽減する役割を果たした。

もちろんアイゼンバーグが言うように、仮にこうした要因が同性婚の問題についての世論の変化の背後にあるとしても、別の社会問題に簡単に当てはめることは難しいかもしれないが、参考になれば幸いである。

拙著記念オンラインイベントのアーカイブ販売

拙著『種を語ること、定義すること: 種問題の科学哲学』について以前岡西政典さん・三中信宏さんと行った本屋B&Bでのオンラインイベント
の画像と音声のアーカイブ販売が行われています(8月末まで)。bookandbeer.com
写真はB&Bさんでの販売棚です。f:id:yuiami:20210325184914j:plainご興味のある方は是非お申し込みください。

大学は今もレジャーランドか

よく今の大学はかつてのようなレジャーランドではないといわれる*1ツイッターでは大学教員から、現在の大学は学生に対して面倒見がよくなり、よく勉強させるといわれる(ソース)。これはわたしの体感にも合致しているが、しかしきちんとしたデータを引いているところはあまり見たことがない。

これについて簡単に検索すると、大学生協連合会の調査のデータが見つかった。これによると、2012-17年で大学生の勉強時間は一日290分→302分に増えている。これは文系・理系・医歯薬系に関係ない。

しかしこれだと5年間の推移しかわからない。わたしの記憶によると、「大学=レジャーランド」論が出ていたのは80-90年代(ここに紹介のある竹内洋氏の言葉とも符合する)なので、そこからの推移が欲しい。

これに応じるのが社会生活基本調査の統計である。これは五年ごとの調査で国民がどのような活動に時間を費やしているかが調べられている。この中に小学生から大学院生までの学生が学業にどのくらい時間を使っているかを調べる統計がある。

それをつかって大学生・大学院生の学業に使っている時間を調べると以下のようになる。

86年 91年 96年 01年 06年 11年 16年
220 209 177 179 210 217 238

これをグラフにするとこのようになる。

f:id:yuiami:20201219211332j:plain
大学生・大学院生が学業に費やす時間(一日当たり、分)の変化


見てわかるように、大学生・大学院生の学業に使っている時間は96-01年を底として高まっている。また意外なことに「レジャーランド時代」まっただ中の86年の大学生は学業に結構時間を使っている。

しかしここで重要なのは、80年代よりも現在の方が大学に進学する層が大きく広がっていることである。例えば

  • 80年代と現在では大学進学率が異なっている(80年代後半は20%台半ば、現在は50%台半ば)
  • また大学生の数も80年代半ばと比べて100万人弱増えている(リンク

常識的に考えると、こうした大衆化が進むと、以前の世代では大学進学に適さなかった生徒が大学に入ってくるので、大学生の平均的なクオリティは低下しがちになると予測できる。にもかかわらず大学生・大学院生の学業時間が伸びているのは、ここ二十年来の「大学改革」がこの点についてはうまくいっているを示していると言えるかもしれない*2

ではなぜ今になっても「大学=レジャーランド」論が出るかということになるが、これについては濱中淳子先生が大学で勉強しなかった人ほど大学は役に立たないと述べる傾向にあることを明らかにしているので参照して欲しい*3

*1:またアメリカの大学生が日本の大学生より勉強するとは一概には言えないともいわれる(ソース

*2:もちろん、仮にこの結論が正しいとしても、この賛辞は監督官庁や大学執行部だけでなく現場の教員・職員にも向けられるべきである。

*3:ただし「大学=レジャーランド」論を述べる識者の代表格である冨山和彦さんは在学中に司法試験に合格しているそうなので、これには当てはまらない。